ひがし

MESSAGE メッセージ

私は佐賀県佐賀市の出身のデザイナー/コーダーです。

お客様の求める以上のデザインを丁寧に制作し、
それが世に出て、たくさんの人の目に触れることに喜びを感じます。
デザイナーとはお客様を立てるある意味裏方の仕事ですが
それこそが、世のため人のためになっているという実感があり
とてもやりがいを感じて日々の仕事に取り組んでおります。

DATA スタッフデータ

  • 名前 ひがしくん
  • 役職 デザイナー・コーダー
  • 出身地 佐賀県佐賀市
  • 血液型 A型
  • 趣味 ドライブ、読書、お絵描き(万人受けしない変な絵をたまに描きます)
  • 好きな○○ 好きな焼きそば:想夫恋

CAREER 経歴

デザインの専門学校を卒業後、某企業の企画デザイン科に就職するも半年で退職。
その後、退職した反動で自転車を担いで北海道の日本最北端の地、稚内まで行き、そこから自転車で地元の佐賀まで帰るという日本縦断の旅を60日間かけて敢行。

それで日本の良さを目で見た確認したことにより、今度は海外を見て日本を知りたい!と思うようになる。
佐賀の山奥の靴工房で働きお金を貯め、約2年後ワーキングホリデービザを使いトロント(カナダ)へ渡航。人種のモザイクと称される街で、人種関係なく一人の”人”として接してくれる街の人に感銘を受ける。人種がうまいぐあいに混ざり合っていれば、互いが互いを尊重した世界になるんだなと身をもって感じた。
帰国後はリゾート地で住み込みで働くリゾートバイトで各地を点々しながら生活する。熊本、長崎、長野、京都、北海道で数ヶ月づつ働く。そのなかで毎回はじめましての状態から人間関係を構築しなければならなかったので、急激にコミュニケーション能力が成長。今までは、極力一人で居たいタイプだったのに、誰かと居るほうが楽しいと思うようになる(正直自分でもびっくりです)。
日本、世界を見て回った経験をどう活かそうかと考えた時に、何かを生み出すことによって自分の経験を活かせるのではないかと思うようになる。もともとデザインの学校にも通っていたので基礎はある程度あるが、今後の需要のことを考えウェブデザインの職業訓練校へ通いウェブの知識を得てジャンプスに入社。
まだ経験が浅く、自分の経験は活かせる状態ではないが、これからが楽しみな人間である。